EDはサプリメントで治る?ED治療薬との違いとは

edに効くサプリメントとは
今の時代、風邪薬や頭痛薬であれば病院へ行かなくても身近な場所で買えます。
ドラッグストアはもちろん、コンビニ等でも医薬品を扱うようになりました。

ドラッグストアなどで売られているサプリメントの中には、勃起不全に効果があると謳われているものもあります。
しかしサプリメントは医薬品でもなければ医薬部外品でもなく、健康補助食品に分類されているため、EDの症状を改善する効果は期待できません。

ただし血行促進作用が認められるサプリメントは多く、EDの症状が軽度であれば効果を感じられる人も居ます。
サプリメントは医薬品よりも効果が弱いものの、副作用がないというメリットを持つため、症状が軽いなら試してみる価値はあるでしょう。

医薬部外品として販売されている精力剤にも同じことが言えます。
マカなどの成分が配合されたドリンクも多くなりましたが、EDの症状を改善させる効果はあまり期待できません。
こちらもサプリメントと同様に、人によっては効くものの重度のEDには向かない商品です。

確実な効果を期待するなら医薬品であるバイアグラやレビトラ、シアリスの服用をおすすめします。
処方箋なしでは買えないため本来は病院受診が基本ですが、近頃は通販(個人輸入代行サイト)で購入する男性が増えました。
特に価格が安いジェネリック医薬品は治療費の負担軽減にもなるため、世界中に愛用者が居ます。

ED治療薬を選択するメリット

サプリメントや精力剤で効果を感じられるのであれば、無理に医薬品を買う必要はありません。
しかしEDの症状はすぐに改善されるものではなく、1年以上の期間を経ても治らないケースがほとんどです。
それなら最初から専用の薬を選択し、きちんと治療した方が確実な改善への近道となります。

医薬品である以上、どうしても副作用が出るリスクは避けられませんが、うまく対処する方法はあります。
ED治療によくある副作用は「頭痛」や「鼻詰まり」ですが、頭痛薬や鼻炎薬との併用が可能なので、一緒に飲めばセックス中の不快感も軽減されるでしょう。

通販で買えるED治療薬は価格も安く、何より扱われている種類も多いので、自分に合う薬を探せます。
世界シェアトップのシアリスは病院処方だと1錠で2000円ですが、通販ならジェネリック1錠で平均500円程度。かなり安くなるのでお得です。

サプリメントや精力剤は身近な場所で手に入り、価格もそれほど張りません。
しかし本気で症状改善を目指すなら、通販で購入できるED治療薬の方をおすすめします。

ED治療薬が効かない時に考えられる原因

ハテナを浮かべる男性
神経の損傷などが勃起不全の原因となっている場合、医薬品では改善できないことも考えられます。
しかし心理的な要因がEDを引き起こしているのであれば、シアリスなどの治療薬で症状の改善が可能です。

ED治療薬を服用している男性の中には、「用量通りに飲んだのに全然効かない」と感じる人も居ます。
治療薬は病院だけでなく通販で安く購入できますが、せっかく買っても効果が出なければ意味がありません。
もし効果に不満があるなら、薬が効かない原因を考えてみましょう。

まず注意したいのは薬を服用するタイミングです。
ほとんどのED治療薬が空腹時に服用するよう決められています。これは胃に内容物があると有効成分の吸収が邪魔されてしまうためです。
30分程度で有効成分は吸収されるので、服用後30分から1時間後に食事することをおすすめします。

タダラフィルを含むシアリス、またはそのジェネリックは食事の影響を受けにくいとされていますが、可能であれば空腹時に服用するといいでしょう。

そして薬を飲む際、アルコールは極力避けるべきです。
微量の飲酒であればリラックス効果が得られますが、アルコールの血中濃度が高まるとED治療薬の作用を阻害する恐れがあります。
かなり酔ったまま薬を服用すると副作用が強く出るリスクも高まるため、ED治療薬を飲むなら飲酒は避けるか、控えめにすることが大切です。

服用方法を守っていても効果を実感できないのであれば、別の薬にシフトすることも考えてみましょう。
有効成分が異なるED治療薬を試すのも一つの方法です。
バイアグラやレビトラに比べ、シアリスは副作用が出にくいため、幅広い年齢層の男性に飲まれています。
初めてED治療薬を服用するならシアリス系の薬がおすすめです。

通販で買えるシアリスは20mgが主流。
錠剤を半分に割って10mg相当にして服用しても効果は得られますが、物足りないと感じるなら1錠まるまる服用するといいでしょう。
用量は1日最大1錠なので、それを超える量を服用するのは厳禁。もし効かないなら他の薬を試すか、病院で診察を受けた上で薬を処方してもらう方法が安心です。

どうしてEDになるの?20代の男性も要注意!

頭を抱えて悩む男性
ED(勃起不全)の症状は、ただ「勃起しなくなる」というものだけではありません。
勃起時でも十分な硬さが得られなかったり、挿入時に中折れしてしまったりする場合もEDの症状だと考えられます。

EDの原因は主に2つ。
1つ目は肉体的な衰えなどが引き起こす器質性EDです。
40代以上の男性に多く、筋力や体力の衰えと共に起こります。
また、前立腺肥大症や手術・事故による神経の損傷などがEDに繋がるケースがあります。

もう1つの原因が心因性EDです。
主に心理的ストレス、トラウマや不安などがきっかけで起こります。
精神的なストレスを感じると、自律神経のバランスが乱れ、その結果EDを引き起こすことがあるのです。
器質性EDとは対照的に、20代の若い男性にも発症するリスクが高いとされています。

勃起のメカニズムを知ろう

陰茎が勃起するためには、神経伝達がスムーズに行われる必要があります。

脳が性的興奮を感じると、その刺激が神経伝達によって勃起中枢に届き、陰茎の血流量を増やします。
海綿体組織に血液が行き渡ることで陰茎が固くなり、勃起が起こるのです。

しかし神経伝達が上手くいかない場合、性的興奮を感じても勃起中枢が刺激されないため、勃起するために必要な血流量が得られません。
EDを改善するには陰茎の血流量を増やすことが大切です。

心因性EDは治療薬で改善可能!

「朝勃ちはするのにセックス時には勃たない」という症状は、心因性EDによくあるものです。
過去にセックスで失敗した経験がトラウマになっていたり、過度に緊張していたりと、精神的なストレスによって症状が現れます。

神経そのものが損傷している場合は手術などが必要になることもありますが、心因性EDは治療薬の服用で改善が見込めるため、治療は比較的手軽です。

シアリスやバイアグラには血管を拡げる作用があり、陰茎の血流量を増やす効果が得られます。
性的興奮を感じることでスムーズに勃起できるようになるため、心因性EDの改善に最適です。

ED治療薬は病院で処方してもらえます。
内科や泌尿器科を受診し、医師に処方箋を出してもらいましょう。
ただしEDの治療には保険が適用されないので、費用は自己負担です。

もしも治療費を抑えたいのであれば、外国製のED治療薬を個人輸入する方法がおすすめです。
シアリス・ジェネリックなどは価格が安いことで人気があります。
通販は処方箋が要らず、病院へ行かなくてもED治療薬を購入できるため、内緒で治療を始めたい場合にも便利でしょう。