通販購入OK!シアリス・ジェネリックは種類が豊富

医療費を天秤にかける様子
シアリスはアメリカの製薬会社であるイーライリリー社が開発したED治療薬です。
バイアグラやレビトラと同じく、新薬(先発薬)として日本の病院でも処方されています。

新薬は開発・研究、そして臨床試験等に多くのコストがかかっていて、その分薬価が高めに設定されています。
そしてEDの治療には保険が適用されないため、シアリス1錠あたりの金額は1,800~2,000円と高額です。

そこで注目したいのがジェネリック医薬品(後発薬)!
新薬の特許期間が終了すれば、開発元である製薬会社以外のメーカーも同成分の薬を製造できます。
すでに開発済みの成分にはコストがかからないため、新薬と同等の効果がありながら安く購入できるのがジェネリックの特長です。

しかし日本の病院で扱われているのはバイアグラのジェネリックである「シルデナフィル錠」のみ。
海外ではレビトラやシアリスのジェネリックも販売されていますが、日本では未だに認可されていないため、病院でも処方されません。

もしもシアリス・ジェネリックを購入したいのであれば、海外医薬品の輸入代行サービスを利用するといいでしょう。
普通のネットショッピングのような感覚で利用できて、手続きもとても簡単なので、シアリス・ジェネリックを楽に購入できます。

本来は処方箋が必要なシアリスですが、通販を利用する場合は医師の診断が不要です。
国内未承認のシアリス・ジェネリックも個人輸入であれば購入が認められています。
ただし海外製の医薬品の購入・服用は自己責任。安全性が100パーセント保証されているわけではないため、信頼できる通販を利用することが大切です。

シアリス・ジェネリックの価格について

海外ではポピュラーな存在であるシアリス・ジェネリック。近頃は日本でも個人輸入して服用する男性が増えています。

シアリスを1日1回服用するとして、1ヶ月にかかる費用はおよそ5万5千円。
病院によって価格設定は異なるため、さらに高くなることもあります。

しかしシアリス・ジェネリックの平均価格は1錠あたり500円程度。
タダライズという薬なら1錠で約250円という破格の値段です。
新薬と比べるとかなり安いものの、どのジェネリックも有効成分タダラフィルを含んでいるため、シアリスと同じ効果が得られます。

つまり病院でシアリスを処方してもらうより、通販でジェネリックを買う方がかなりお得です。
ほとんどのジェネリックがインド製ですが、製薬会社は世界中に薬を輸出している大手ばかりなので、信頼性も高いといえます。
EDは短期間で治るものではないため、通販を利用して治療費の負担を軽くするといいでしょう。

シアリスを正しく飲めば勃起が長持ちする!

青い砂時計
シアリスには5mg錠、10mg錠、20mg錠があります。
世界では10mg錠や20mg錠が主流であり、日本の病院でも多く処方されます。

有効成分タダラフィルは水に溶けにくいため、胃や腸で吸収されるまでに最長3時間ほど必要です。
人によっては1時間程度で効果が現れることもあります。シアリスを服用するならセックスの3時間前までに飲んでおきましょう。

シアリスの効果をしっかり発揮させるためには、服用時の食事とその内容に気をつけなければいけません。
タダラフィルは食事の影響を受けにくい成分ですが、食べ物に含まれる脂分が胃や腸の粘膜を覆うと、体への吸収が妨げられてしまう恐れがあります。
そのため脂っこい食事は控えるべきです。

食事の目安としてはハンバーガー1つ、パスタ1人前程度が安全圏内。
可能であれば脂分の少ない和食を選びましょう。

他のED治療薬と同様に、空腹時に服用することでより高い効果が得られます。
食事する予定があるなら、先にシアリスを飲んでおくのも一つの方法です。

お酒も少量であれば飲んで構いません。
アルコールにはリラックス効果もあるため、セックスの前の緊張を和らげる効果も得られます。

ただしアルコールにはシアリス同様に血管拡張作用があり、併用することで効果が大きくなることも考えられます。
デート中にお酒を飲むことがある場合、1杯程度に留めるように気をつけましょう。

初心者は錠剤を半分に割って飲もう

病院で処方されるシアリスは10mg錠と20mg錠が主流ですが、通販では20mg錠の方が多く扱われています。
有効成分の内容量が多いほど効果も大きくなるため、初めてシアリスを飲むなら錠剤を半分に割ることがおすすめです。

20mg錠を半分に割ると、10mg錠と同等の効果が得られます。
もし効果が弱いと感じたのであれば、次回からまるまる1錠服用するといいでしょう。